皮膚常在菌ってなに? ~美肌を作るために必須の微生物

   2021/06/30

◆美しく強い肌のために必要な皮膚常在菌

うるおいとハリに満ちて、キメのととのった美しい肌。
肌トラブルに見舞われることもなく、乾燥や刺激に悩むこともない肌。
こんな肌にあこがれませんか?
実は、お肌のバリア機能を強化することで、
乾燥や刺激に負けない強い肌になれるということをご存知ですか?
美しい肌は、バリア機能が正常に機能しているからこそ、
乾燥や刺激から守られて、うるおいとハリに満ちた若々しさを保てているのです。
では、その「バリア機能を強化する」というのは具体的にどういうことか、
今回は説明させていただきたいと思います。

◆バリア機能を正常に保ってくれる皮脂膜

 ~実は皮膚常在菌たちが作っている

肌のバリア機能は肌表面の皮脂膜によって保たれています。
皮脂膜がなくなると、肌は外部からの刺激を防ぐことができなくなり、
肌トラブルに見舞われやすくなります。
また、うるおいを保持する力も低下するので、乾燥肌になってしまいます。
実は、この肌表面の皮脂膜は、
肌に存在する常在菌が作り出してくれているものなのです。

◆肌の健康は皮膚常在菌バランスにかかっている!

皮膚常在菌は、私たちの肌に常に存在する微生物です。
「腸内フローラ」という言葉を最近よく耳にするかと思いますが、
人の健康を腸が左右する、
そして腸の中にいる菌がその健康のカギを握っているということをご存知でしょうか?
 腸内の菌が良好な状態であれば、体の健康も保たれやすいのです。
皮膚についても、実は同じことが言え、まさに皮膚常在菌が肌の健康のカギを握っているのです。
腸内と同じように、皮膚にも様々な菌がいて、
主に「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」というカテゴリーに分類されています。

【善玉菌】

その名のとおり、お肌にとって良いことだけをしてくれる菌。
皮膚にうるおいを与え、乾燥を防ぎ、外部刺激から守ってくれます。
代表的なものとして表皮ブドウ球菌がいます。
表皮ブドウ球菌は、
皮脂腺から出る皮脂と自分が出す脂肪酸やグリセリンを混ぜることで皮脂膜を作ってくれます。
また、抗菌ペプチドを出し、肌を弱酸性に保つことで
アルカリ性を好む悪玉菌の付着を防ぎます古くなった角質や余分な皮脂を餌として食べてくれるので、
毛穴が詰まりにくく、肌のターンオーバーも整いやすくなります。

【日和見菌】

皮膚上の善玉菌と悪玉菌のバランスによって、よくも悪くもなる菌。
代表的なものにアクネ菌等がいます。
アクネ菌は実は肌に一番多く存在する菌で、肌を弱酸性に保つという大切な役割があります。
毛穴がふさがることで増殖してニキビの原因となりますが、
毛穴のつまりを取れば、悪化せずに早く治る傾向があります。
善玉菌の代表である表皮ブドウ球菌は毛穴汚れを
掃除してくれる役割もありますので
表皮ブドウ球菌(美肌菌)が多く存在し、常在菌バランスが良いと
毛穴もふさがりにくく、ニキビもできにくい肌になるのです。

【悪玉菌】

肌トラブルを引き起こす菌。
湿疹や傷口の化膿の原因になったり、ニキビやアトピーを悪化させます。
代表的なものに黄色ブドウ球菌、マラセチア菌等がいます。
黄色ブドウ球菌はアルカリ性の環境を好むので、
美肌菌が活躍している弱酸性の肌では増えることができません。

◆常在菌バランスが崩れると皮膚トラブルが起こる

皮膚上の善玉菌の数が多ければ、
日和見菌も悪玉菌も肌に影響を与えることなく、
肌は美しく健康に保たれますが、このバランスが悪いと、
すぐにニキビが出来たり肌の赤味がひかなかったりします。
さらに、それだけではなく、
うるおいを保持する力も生み出す力も弱くなってしまうので、
乾燥肌に傾きシワやたるみができやすくなったりしてしまいます。
そして、皮膚常在菌バランスが悪いと、
皮膚の上に外部からの刺激や悪玉菌の付着を防ぐ被膜を作ることができないので、
少しの刺激にも反応しやすくなり、敏感肌になるのです。

◆常在菌バランスを整えることで乾燥肌と敏感肌にさよなら!

美肌菌を育てて、皮膚常在菌のバランスを整えることで、
皮膚のバリア機能を強化し、乾燥肌、敏感肌を改善することができます。
いつまでも若く美しい肌を手に入れるには、
まず基本となる肌の基礎力を上げる必要があります。
弱っている肌にいくらよい美容成分を与えたところで、十分な効果は期待できません。
美しく若々しい肌を保つための第一歩は弱った肌を改善してあげることです。
弱った肌の強い味方になってくれるのが、
私たちの肌に住む皮膚常在菌たちです。
洗いすぎや化粧品の使い過ぎ、
つよいクレンジングなどにより、皮膚常在菌が増えにくい環境を作ってしまうと
肌のバリア機能が弱り、肌の健康にも陰りを与えます。
皮膚常在菌(スキンフローラ)、
中でも美肌菌と呼ばれる表皮ブドウ球菌を育てることが、強く健康な肌作りには大切です。
強い肌を手に入れて、うるおいに満ちたハリと透明感のある肌を手に入れませんか。

#皮膚常在菌 #弱酸性 #敏感肌 #乾燥肌 #エイジングケア #スキンフローラ #腸活 #菌活 #育菌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket